【韓国同世界転生漫画】『Retry~再び最強の神仙へ~』あらすじ・キャラ・見どころ紹介!※ネタバレ含む

『Retry~再び最強の神仙へ~』作品概要

 『Retry~再び最強の神仙へ~』(漫画:大行道動漫さん)は無料マンガアプリ・ピッコマで連載中です。韓国の小説(作者:十里剣神さん、大行道動漫さん)が原作となっています。単行本は未刊、1巻の発売予定も未定です。

『Retry~再び最強の神仙へ~』あらすじ

 主人公の真田啓友は地球を離れ、仙人を目指して修仙界にて修行をします。仙功の才があった啓友はとてつもない力を手に入れますが、心魔にとらわれて死を迎えました。

 死んだはずの啓友ですが、意識は蘇ります。啓友は生き返ったのですが、時間を遡って大学入学前の自分に転生していました。

 「これまでの努力は無になったものの、一度経験している事を辿るのはたやすい事。身体は若くて健全だし、これなら前世以上の力を手に入れるのも難しい事ではない。これはチャンスなんだ!」と啓友はポジティブに考え、着実に力を付けていきます。

 そして力を付けた啓友はチョッカイを出してくる相手を容赦なく倒し、隙を見てはさらなる実力をつけてレベルアップ。最初は地元や、地方の有力者を相手にしていましたが、次第に世界の猛者や組織相手とも戦うことになります…!

『Retry~再び最強の神仙へ~』 登場人物紹介

真田啓友

 前世の経験を活かし、今世ではみるみる武術の実力をつけて頭角を現していきます。初期は平凡な一大学生でしたが、前世の知識を使って経済的にも裕福になります。気づけば世界の頂点に君臨する程の実力を身につけていました。

 その啓友に嫉妬する者も数多くなり、啓友の事を詳しく知らない地方有力者から度々チョッカイを出されます。啓友は味方や身内には慈悲深く優しいのですが、敵対した者に対しては容赦しない性格。敵対者をあっさり殺すのは当たり前で、その親兄弟等の関係者まで皆殺しにするという苛烈な一面も持っています。

 また相手が女性であっても容赦しません。多少手加減を加える事もありますが、裏切りや敵対する関係があるなら、例え女性であっても殺します。老若男女問わず、敵には容赦しないという態度を変えません。

一条澄香

 真田啓友が前世で恋焦がれた女性。啓友の母の親友の娘であり、啓友とは旧知の仲。

 ただ澄香は上昇志向が強く、平凡な一大学生である啓友には見向きもしていませんでした。「どうして私がコイツの相手をしなくちゃならないの?」という反発を持っていたほど。しかし次第に啓友の凄さに気付き、惹かれていきます。

 最初は啓友にツッケンドンな対応をしていましたが、啓友が前世で惚れていたおかげで特に何かされる事はありません。それどころか危ない場面があると啓友に助けてもらったりと、啓友に敵意を持っていた中では最も優遇された女性です。

竹林玄

 武侠の徒で、地元では有力者。竹林家に大きな影響力を持つ「竹林の翁」と呼ばれる老人です。

 啓友の能力にいち早く気づき、一大学生でしかない啓友に礼を持って接します。啓友の能力を高く評価した結果、味方に付けられれば竹林家も安泰だと考えるように。その為、自分の孫娘と良い関係を築いてくれればとまで考えます。

 また啓友に自身の所有する高級別荘を貸し与えることもしました。霊力が豊富な地域にある別荘だった為、これが啓友レベルアップの助けにもなります。

 力が未熟だった啓友の大きな力となり、またサポートもした存在です。

工藤政俊

 地元有力者の一人であり、クラブ・エンペラーにて啓友と出会います。最初は啓友を平凡な一大学生だと見下しますが、すぐにその実力を評価。敵対をやめ、すぐに啓友に取り入ろうとします。啓友も工藤を良い金づるとして利用し、持ちつ持たれつの関係に。

 啓友と敵対したものの、その身の翻し方で事なきを得た処世術は見事です。

一条麗香

 啓友の母・真田叶恵の親友。親友の息子だからということもありますが、平凡な一大学生だった啓友に対して好意を持って接してくれた女性。身内以外で啓友に最初から好意的だった貴重な人。

 娘の澄香と啓友が良い仲になればいいのにとまで思ってくれている、啓友の貴重な理解者です。

『Retry~再び最強の神仙へ~』 イチオシシーン!

 この作品では、啓友がある程度強くなると、啓友の事を知らない有力者からチョッカイを掛けられます。その敵を倒す過程で啓友はレベルアップを果たし、強くなったことでまた他の有力者から目を付けられ~という展開が多くなっています。

 その繰り返しがスカっとしていて面白いのですが、中でも気に入ってるのは竹林玄と邂逅したシーンです。

 この時の啓友は無名ですし、見た目は平凡な一大学生。実際、竹林玄の孫娘は、「大した奴じゃないのに無礼な事を!」と喰ってかかりました。他の人は気づかないのに、竹林玄だけは啓友の異常さに気付きます。そして啓友との関係を深めるべく、自身の所有する高級別荘まで貸し与えようと決意します。竹林玄が啓友の最初の良き理解者となった、この邂逅シーンが一番好きです。

『Retry~再び最強の神仙へ~』 関係性、ここに注目!

 啓友と澄香の関係です!

 澄香にとって、啓友は目障りな存在でした。上昇志向の強い澄香からすると、なんでお母さんはこんな平凡な男性をもてなすのだろうと違和感を覚えていた程。実際これまでの啓友は普通の男子学生だったわけですし、その気持ちもわからなくはありません。

 ただ、この気持ちが澄香の根っこに深く根付いた結果、なかなか啓友の事を認められずにいるんですよね。他の女性は啓友の凄さに気付き、そして好意を持っていくのに澄香だけは素直に認めらない。

 そんな澄香もやがて啓友の凄さに気付いて靡くのですが、それまで遠回りした分だけ澄香の愛情は深くなっていきます。啓友がロシアで一年行方不明になっていても啓友を想う気持ちは変わりませんでしたし、このカップルが一番好きです!

 ぜひ読んで楽しんでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。