【韓国異世界転生漫画】『勇者の元カノです』あらすじ・キャラ・見どころ紹介!※ネタバレ含む

『勇者の元カノです』作品概要

 『勇者の元カノです』(作画:SETEさん、脚色:Ji Hyunさん)は無料マンガアプリ・ピッコマで連載中です。韓国の小説(作者:Song Seorimさん)が原作となっています。単行本は未刊、1巻の発売予定も未定です。

『勇者の元カノです』あらすじ

 橘梨亜が、自分が読んでいた小説の主人公であるメイズ・ヘーゼルナッツへと転生するところから物語は始まる。

 小説内のメイズは心優しい絶世の美少女。しかも聖女と、完璧な設定の女性だった。しかし、聖女であるが故に様々な犯罪やトラブルに巻き込まれる毎日に、メイズはだんだん疲れていってしまう。

 また最悪なことに、メイズの恋人である勇者シュクールは、メイズがいるにも関わらず他の女性に言い寄るなど、女性にだらしない性格のクズ男であった。

 物語がこのまま進んでしまうと、メイズはクズ男であるシュクールと結ばれてしまう運命に…。メイズは聖女である人生とこれまでのシュクールに嫌気がさして、シュクールに別れを切り出すことに。

 メイズが歩む運命は果たして…。

『勇者の元カノです』 登場人物紹介

メイズ・ヘーゼルナッツ(橘梨亜)

 小説内の主人公。ふわふわの少しカールがかった長い金髪が特徴的な絶世の美女で、聖女でもある完璧な女性。橘梨亜が転生するまでの性格は、誰にでも優しく常に笑顔で、シュクールの女性絡みの問題も笑って許せるくらい穏やかな、まさに聖女の鏡のような性格だった。

 しかし、橘梨亜の転生後は、誰にでも優しいという性格とは真逆に。言いたいことはハッキリ言う、もちろん、シュクールの女性問題も許すことはなく、寧ろ良いチャンスだと別れを告げる、サバサバした性格となっている。

 シュクールと別れた後は、恋することに疲れてしまい、しばらく恋人は要らない、ようやく解放されたと独り身を楽しむ。

イス

 美しい黒髪に赤い瞳、その正体は魔王である。メイズと知り合ったきっかけは紹介。最初は身分を偽っていたイスであったが、次第にメイズに惹かれていくようになり、メイズがいないと生きられないほどに彼女を愛するようになり、正体を明かす。

 自分の部下には非常に厳しく、魔界では恐れられる存在であるイスだが、メイズにだけはただひたすらに優しく、何をしても許してしまう。さらに嫉妬心も激しく、メイズが他の男性とただ話しているだけでもやきもちを焼く可愛い一面もある。

ペルン

 魔界の沼に住んでいる魔物。元々の姿はドロドロしたよく分からない物体であったが、メイズのことを気に入り、彼女が接しやすいようにと人型へと姿を変えた。

 口数は少ないが、ストレートな物言いで、あまり感情の起伏が見られないような話し方をする。

 また、メイズのことを“妃殿下”と呼んでいて、メイズに対して好意を持っている。

 魔王であるイスの次くらいには強い力を持っており、戦闘の際にはとても頼れる存在となる。

シュクール

 勇者。メイズの元恋人。絶世の美女であり、聖女であるメイズがいるにも関わらず、他の女性と遊んでばかりのクズ男。しかし、メイズへの愛は別れた後も変わらず、さらに激しさを増す。

モイライ3姉妹

 運命を司る神。長い黒髪で、不吉でおどろおどろしい雰囲気を漂わせているが、逆にそれが魅力でもある。

 長女、次女、三女の3人で構成されていて、特に三女は運命を断ち切ることを担っており、残酷な性格。

『勇者の元カノです』 イチオシシーン!

 イスとメイズが結婚し、モイライ3姉妹が登場したあたりからが一番の見どころです。このあたりで、あまり登場していなかったシュクールも登場し、メイズは魔物に騙されているから自分が取り戻さなければ…と異常な愛を見せます。

 本来歩む予定だった運命を変えたメイズを、モイライ3姉妹は狙っており、メイズを何とかすることで正しいストーリーへと修正しようと試みます。イスがあの手この手でメイズを守っていくシーンがとても素敵です。

『勇者の元カノです』 関係性、ここに注目!

 メイズ×イスです!

 シュクールとの関係性に終止符を打って、交際を始めたメイズとイス。次第にお互いが惹かれていき、徐々に距離が縮まっていくストーリーからは目が離せません。魔王×聖女という、本来ならあり得ない禁断の関係性も魅力の1つです。

 また、元カレであるシュクールは、メイズに未練を持った勇者で、魔王を倒す力を持っています。そして、そのシュクールにイスが倒されることが本来の小説のストーリーであることも、この先どういう展開になっていくのだろうと興味を掻き立ててくれます。

 ぜひ読んで楽しんでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。