【韓国異世界転生漫画】『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』あらすじ・キャラ・見どころ紹介!※ネタバレ含む

『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』作品概要

 『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』(文:Seong euntaeさん、絵:N’oahさん)は無料マンガアプリ・ピッコマで連載中です。韓国の小説(作者:kkimingさん)が原作となっています。単行本は未刊、1巻の発売予定も未定です。

『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』あらすじ

 舞台は西洋風の王国、プリティナ帝国。その帝国の皇妃に、美女レアナが選ばれ、皇帝との結婚式をあげるシーンから物語ははじまります。そのレアナには誰にも言えない秘密がありました。それは、「この世界が前世で読んだ小説の世界で、私はその中の悪役令嬢」だということでした。
 やがて現れるだろう異世界からの転生者と恋に落ちるはずの皇帝。その2人の恋の邪魔は決してしない!私は何事もなく贅沢な皇妃生活を楽しめればそれで満足!と心に決めるレアナでしたが、異世界から少女が現れても皇帝とは恋に落ちる様子もなく、小説には出ていなかった事件も起こりはじめて…!?
 そして皇帝はなぜかレアナにアプローチを仕掛けてきて混乱を極めるレアナ。果たしてレアナに悠々自適の日々は来るのでしょうか?

 恋に鈍感な登場人物が何人も登場する、異世界ラブストーリーです。

『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』 登場人物紹介

レアナ・フォルテ・プリティナ(レアナ)

 ピンクの髪と瞳を持つスタイル抜群の美女。この世界が前世で読んでいた『ダーリンは皇帝陛下』という小説の中の世界で、自分が皇帝と異世界から来る少女の恋愛を邪魔する悪役キャラであり、最後には辺境の地で一生幽閉される運命だと知っています。
 その運命から逃れて「安定したニートライフを送ること」が目標なので、皇帝からの愛を望まず、王妃ではなく皇妃で満足すること、という結婚条件にも嫌がることなく受け入れています。
 誰とでも優しく接し、にこやかな表情で、やがて皇帝もレアナに恋愛感情を持つようになります。
 悠々自適とは言いつつも、国の貧民対策を講じるなど、皇妃としての役目もしっかり行う素敵な女性です。

ウォルシュ・プリティナ(皇帝)

 プリティナ帝国の皇帝であり、レアナの夫。仕事第一人間。レアナと結婚したのも、最初は臣下たちの進言を飲んで仕方なくでしたが、慎ましやかで笑顔の絶えないレアナにいつしか惹かれていきます。
 他の男とレアナが仲良くする姿を見て「俺はなぜイライラしているんだ」と、自分の恋心に最初は全く気づいていなかった朴念仁でした。自分の恋心を自覚し、転生してきたミアに恋愛面でアドバイスをもらった後は、今までのことが嘘のように積極的にレアナにアプローチをはじめます。登場時からの落差が激しすぎて、可愛く思えてきてしまいます。

ミア(滝本未愛)

 日本から転生してきた黒髪黒目の少女。小説では、転生してきてすぐに皇帝と恋に落ちる設定だったが、その頃帝国で起きていたテロ事件のせいで「他国からのスパイではないか」と疑われる羽目になってしまいます。
 皇帝のことが好きになりかけますが、皇帝の恋愛の悩みが自分にではなくレアナに対してだということを知り、がっかりすることに。優しく美しいレアナに対しては、ミアは憧れを持っているので、恋に悩むところは読んでいて切なくもなります。
 見習い神女として修行や勉強を頑張ったり、皇帝にも物怖じせずアドバイスするなど、元気いっぱいでおしゃべりなキャラクターです。

ヨーク・テリア(テリア財務官)

 緑のセミロングの髪を束ねた眼鏡男子です。皇帝の右腕で、信頼の厚い人物。皇帝に堂々と意見しても許されるほど皇帝に一目置かれています。周囲の人物や政治状況に対しての観察眼は鋭く、抜け目ない人物です。
 ミアが皇帝に気があるのもいち早く気づき、阻止しようとし、数々の注意を行うことも。そういった理由から、ミアからは「イヤミッテリア」とも呼ばれています。

ポール・レトリーバー

 レアナの護衛騎士。顔にいくつもの傷があり、厳つい表情なので、初対面の女性からは大抵怖がられる人物。
 レアナとは仲が良く、いつもお茶に付き合っていましたが、皇帝に嫉妬される羽目になってしまいます。
 宮殿でパティシエとして働いていたシヴァに想いを寄せられていますが、全く気づかない鈍感人間です。
 顔は怖いのに恋愛に疎く、レアナに相談する様子は大きな弟のようで可愛く思えます。

『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』 ここに注目!

 レアナに恋していると自覚したあとの皇帝の暴走っぷりが見どころです。
 部屋中に夜会のためのドレスを用意してレアナに選ばせ、そしてレアナが選んだドレスに合わせて自身の衣装もこっそり用意してお揃いにするところなどは、最初のツンツンした態度と180度変わりすぎて笑えてきました。
 「私の方がレアナ皇妃のことに詳しい!」とミアと皇帝がレアナクイズ合戦をするところも面白くておすすめです。

 小説には出てこなかった皇帝の弟ルマン総督の謎と、数々起きる事件の黒幕も少しずつ明らかになってきて、ちょっとだけミステリー要素も楽しめます。

『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』 関係性のイチオシ!

 もちろん主人公2人のラブラブっぷりも見逃せませんが、この漫画では脇キャラのカップルたちの動向も見どころだと思います。
 鈍感なポールと、積極的なシヴァのカップルが無事にくっつくのかも注目のひとつです。
 最初はシヴァに対して気にもしていなかったポールですが、シヴァがそっけなくなってしまうと急に意識し出すというというところで「中学生の恋愛か!」と思わず突っ込んでしまいました。
 そして皇帝への恋を秘めていたミアと、口やかましく注意はするけれどフォローもするテリアの関係も、ケンカップルのようで読んでいて微笑ましく楽しいところです。

 ぜひ読んで楽しんでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。